スポーツ業界のインストラクター/トレーナー/コーチの就職・転職を支援します!

0120-978-740(平日 / 10:00~20:00)
クイック
検索

ヨガインストラクター求人の採用方法は他の求人と違うの?

  • ① スポーツ・フィットネス業界の就職/転職

2019.06.07

ヨガのインストラクター求人を見ていると、選考には「面接」や「オーディション」と
書かれている求人がありますよね?
面接とオーディションとは一体どのような違いがあるのか、どんな感じで行うのか
疑問に思ったことがある方はいませんか?
今回は、その「面接」と「オーディション」について紹介していきたいと思います。

ヨガインストラクター求人の採用方法とは?

ヨガインストラクター求人への転職には、他のインストラクター求人や
パーソナルトレーナー求人の転職の時と同じように、「面接」での採用方法
があります。
面接の他にも「オーディション」というヨガインストラクター求人では一般的な
採用方法もあり、基本的にこの2つの方法で採用が行われています。

ヨガインストラクター求人の面接とは?

ヨガインストラクター求人の場合も、一般の企業と同じように履歴書や職務経歴書、
エントリーシートの情報を基に、面接官との質疑応答をする面接があります。

この面接は一度に何人も同時に面接をする集団面接や一人で面接を行う個人
面接があります。

ヨガインストラクター求人にはオーディション採用も!

ヨガインストラクター求人に応募するときには「面接」のほかに「オーディション」
という採用方法があります。

「オーディション」と聞くと、あまり聞きなれない採用方法にはなりますが、
ヨガのインストラクター求人の場合には一般的です。

このオーディション方式の採用方法は、芸能人やタレントのオーディション
などのように、面接官の前で演技、つまりヨガインストラクター求人の場合
には決められた時間内にヨガレッスンを実践することで採用の合否が決まる
という方法です。

オーディションの場合にも数人で行う集団オーディションと、個人オーディションが
あり、ヨガインストラクターの採用にもよく使われる採用方法の一つです。

採用面接で必ず聞かれる質問ってある?

ヨガインストラクターの採用だけに関わらず、どの求人の採用面接の時には
必ずと言っていいほど聞かれる質問というものがあります。
その質問としては、「なぜこの職場を選んだのか」という志望動機に関する
質問や「自分の長所、短所」などの自己分析に関する質問、さらに「勤務に
関する希望」といったその仕事に関する事柄の確認事項などが挙げられます。

また、「ヨガをはじめたきっかけ」や「将来どういうインストラクターを
目指したいか」というヨガに関する質問を受けることも多くなっています。

さらにインストラクターという人に指導する立場の方を採用するため、
初対面の方の前でも自然な態度でのコミュニケーションが求められ、集団面接の
時には、他の方が受け答えしている間の態度もしっかりと採用を判断する
材料になっています。

オーディションってどんな感じ?

オーディションは2、3人から多い場合では数十人で受けるという集団
オーディションと、採用担当者との個人オーディションの場合があります。

どちらのオーディションでも採用担当者の前で、決められた時間内に模擬
ヨガレッスンを行い、そのレッスンの様子で採用の合否が判断されることに
なります。
生徒役もオーディションを受けに来ている方が順番に生徒役を演じ、または
採用担当者が生徒役を務める場合もあります。自分が生徒として他の方の
レッスンを受けるときにも、しっかりと採用担当者からはチェックされて
いるので、気を緩めないように模擬レッスンを受けるようにしましょう!

どのオーディションの場合でも、どのテーマや条件が提示されても瞬時に
対応できるよう、いくつかのレッスンパターンを用意しておくと、当日に
焦らず対応ができますね!

まとめ

ヨガインストラクター求人の採用方法に関して、説明してきましたが面接と
オーディションの違いは少しイメージ出来ましたか?

オーディションでの採用の場合、模擬レッスンを行わなければならないので、
ある程度の経験が必要になります。

すべてのヨガインストラクター求人がオーディションでの採用をしていると
いうわけではないので、未経験の方などは面接での採用を行っているヨガ
スタジオやヨガスクールのインストラクター求人に応募することをおすすめ
します!

スポーツ求人ナビでは、未経験歓迎のヨガインストラクター求人を保有して
います。私たちと一緒にヨガインストラクターへの転職を成功させてみませんか?

関連コンテンツ