スポーツ業界のインストラクター/トレーナー/コーチの就職・転職を支援します!

0120-978-740(平日 / 10:00~20:00)
クイック
検索

介護の資格を活かせるフィットネス求人の仕事とは?

  • ② スポーツ・フィットネス業界のキャリア/悩み

2019.05.24

近年では、メディカルフィットネス施設やトレーニング型のデイサービス、
リハビリ型デイサービスなど様々な施設が全国的に増えている傾向にあり、
介護の資格を活かしてスポーツ・フィットネス業界へと転職をしている方も多くいます。

そこで、今回はどのような資格を活かせるのか、どのようなフィットネス求人へ転職が可能なのか、
どのような仕事があるのか、紹介していきたいと思います。

 

なぜフィットネス求人に介護の資格が役に立つの?

一見介護とフィットネスには関係がなさそうに思われがちですが、近年では元気により
長く健康に毎日を過ごすために多くの高齢者の方が体を動かすようになってきており、
全国的に高齢者向けに膝や腰などのトレーニングをすることで健康維持を目的にして
いるトレーニング型デイサービスやリハビリ型のデイサービスやメディカルフィット
ネス施設が多くなってきています。

このようなフィットネス施設では、身体の知識も必要になりますし、医療の知識や
リハビリやトレーニングといった知識も求められています。

そのため、作用療法士や理学療法士、介護福祉士などといったリハビリの知識や介護の
知識を持っている方がこのようなフィットネス施設でインストラクターやトレーナー
として活躍しているケースがだんだんと増えてきている傾向にあります。

フィットネス求人に活かせる資格とは?

フィットネス施設のフィットネス求人に活かせる資格の中には国家資格のリハビリなど
の専門的な知識を学ぶことができる「理学療法士」や「作業療法士」の資格はもちろん、
「介護福祉士」の資格もフィットネス求人には活かすことができます。

「理学療法士」や「作業療法士」の資格の場合は、専門学校や大学などで決められた
単位を取得することにより、資格が受けられるので、そのような学校を卒業していない
方は資格が受けられませんが、民間資格にもリハビリ系の資格があります。

通信でも資格取得可能なのが、「介護リハビリセラピスト」や「リハビリケア専門士」
などの資格になり、これらの資格ではリハビリの知識なども習得できます。

このように、リハビリや介護に関する資格やこのような専門的な知識があれば、全く
知識がない方と比べると、すでに専門的な知識が備わっているので、メディカルフィット
ネス施設やトレーニング型のデイサービスなどの施設でインストラクターやトレーナー
として仕事をするときにも役に立つと言えるでしょう!

介護の資格を活かせるフィットネス求人とは?

介護やリハビリの資格を活かせるフィットネス求人には、トレーニングやリハビリ型の
デイサービス施設などで、病気やケガにより介護や支援の認定を受けられた方や運動機能
を向上させ、健康を維持や介護予防を目的としている高齢者に向けてトレーニング指導や
リハビリ指導を行うスポーツトレーナー求人やインストラクター求人があります。

フィットネス施設により名前の呼び名は異なりますが、スポーツトレーナーとしてや
インストラクターとして活躍することができ、このような施設では介護やリハビリに
関心のある方が比較的多く採用されている傾向にあります。

日本では、元気で健康に長生きしようと運動を始める高齢者が増えてきており、高齢者
自身もやる気に満ちています。そのような現状から、フィットネス施設やトレーニング
施設では高齢者向けの様々なプログラクをどんどん増やしています。

今まで紹介してきたメディカルフィットネス施設やトレーニング型デイサービス施設では
病気やケガのことを考慮に入れながらトレーニング指導やリハビリ指導も行うため、
体やリハビリに関する専門的な知識が必要になってきます!

そのため、しっかりとした資格を持っている方や知識がある方を募集し、採用している
ケースも増えてきています。

自分が持っている介護などの資格や知識を活かして、私たちスポーツ求人ナビとともに
スポーツ・フィットネス業界へ転職をしてみませんか?

関連コンテンツ