スポーツ業界のインストラクター/トレーナー/コーチの就職・転職を支援します!

0120-978-740(平日 / 10:00~20:00)
クイック
検索

ジムインストラクターの仕事って実際どういう仕事?

  • ② スポーツ・フィットネス業界のキャリア/悩み

2018.12.26

フィットネスクラブやスポーツジム、スポーツ公共施設でのジムインストラクター職は
みなさんも良く耳にすると思いますが、実際「ジムインストラクター」とはどのような仕事を
しているのか気になりませんか?

一言でジムのインストラクターと言っても、フィットネスクラブやスポーツジム、公共施設での
トレーニング機器の使用方法の指導やスタジオレッスンだけでなく、仕事以外にも裏方の仕事も含め
様々な業務をこなしています。

 

今回、ジムインストラクターどのような仕事をしているのかを紹介していき
ます。

【 店舗開店前の業務 】

では、まず利用者さんが来店する前に行う開店前の業務について紹介していきます!

①トレーニング器具の点検

ジムインストラクターにとって第一に考えないといけないことは施設を利用する「利用者さんの安全」です。
インストラクターという仕事は利用者が安心、安全で、快適にトレーニングを行えるようにサポートすることです。
そのため、店舗開店前には毎日必ず、トレーニング器具の点検を行っています。
この点検で、何か不具合などを発見すれば、修理などの手配をしたり、自分で修理ができる場合は修理を
行うこともあります。

②店内の清掃

インストラクターにとって、施設の利用者が快適に気持ちよくトレーニングをしてもらうことが一番の喜び
でもあります。
利用者のためにも店内の隅々まで日々清掃を行います。
この清掃作業もインストラクターにとっては重要な仕事の一つになります。
利用者の笑顔のためにも店内の環境作りも立派なインストラクターの仕事です。

【 店舗開店後の業務 】

次に店舗開店後に行うジムインストラクターの業務を紹介していきます!

①トレーニング機器の説明

フィットネスクラブやスポーツクラブ、スポーツ公共施設を利用する方の中には、初めてこのような施設を
利用するという方は多くいらっしゃいます。
そのような初心者の方にもわかりやすく丁寧にトレーニング器具の説明もしっかりと行います。
このトレーニング器具の説明を怠ってしまうと、利用者が間違った使い方をしてしまい重大な事故に
つながってしまいます。
そのため、このトレーニング器具の使用方法の説明は利用者の安全を守るためにもジムインストラクターの
仕事の中で最も重要な仕事になります。

②トレーニング指導や計画

ジムインストラクターの仕事と聞いて一番想像しやすく、誰しもがイメージするのが、このトレーニング
指導ですよね。
しかし、トレーニング指導を行う相手はトレーニング初心者の方だけとも限りません。
トレーニングについて知識のある方にもトレーニング指導を行うことがあります。
トレーニングの知識が豊富な方にも対応ができるように、トレーニングについての新しい情報は常に
入手しておくことがカギになりますね。

③スタジオレッスン

総合型のフィットネスクラブやスポーツ公共施設などでは、スタジオを所有しているジムが多くあります。このようなスタジオでヨガやエアロビ、ボクササイズのようなレッスンをすることもあります。
ジムのインストラクターは利用者のお手本となるべく、言葉で説明をつけながら、一緒に動作をして、
レッスン中は常に参加者に気を配り、常に参加者を盛り上げていく必要があります。

また、プールのある施設では、プールの監視やスイミング指導などの業務もあります。

このように、ジムインストラクターの仕事を少し紹介しましたが、紹介した以外にも受付業務など
たくさんの業務があります。
インストラクターとは利用者にトレーニング器具の説明やトレーニングメニューの作成など行う
華やかな仕事だけではなく、器具の点検や店内清掃など裏方のような仕事もたくさんあります。


利用者の笑顔のために、インストラクターとして働いてみませんか?
スポーツ求人ナビでは、数多くのインストラクター求人情報をご用意しております。
是非お気軽にご登録をお願いします!

関連コンテンツ