スポーツ業界のインストラクター/トレーナー/コーチの就職・転職を支援します!

0120-978-740(平日 / 10:00~20:00)
クイック
検索

ヨガインストラクターへの転職の道

  • ② スポーツ・フィットネス業界のキャリア/悩み

2019.03.12

最近では、テレビで多くの健康に関する番組が放送されており、健康志向の方や健康に関心の強い方
が多くなってきています。
フィットネスクラブやスポーツジム、パーソナルジムに通う方も増えてきています。
その中でも、最新のエクササイズのように激しい運動を伴うエクササイズではなく、
無理なくトレーニングができ、さらにダイエット効果もある「ヨガ」のエクササイズが
若い世代から年配の方の間で注目されています。
そのような背景もあり、ヨガスタジオに通う方が増え、ヨガに魅了されていきヨガインストラクターを
目指したいと考え始める方も多くなっているのも事実です。
そこで、今回は実際にヨガインストラクターの転職において大事なことや面接でのポイントを紹介していきます。

第一印象が大事なヨガインストラクター

人の第一印象は、出会ってすぐに決まると言われています。
面接はおしゃれを見せる場ではないので、面接の時には適した服装で行くことが重要です。
スーツでももちろん問題はありませんが、ジャケットなどのきれいな服装でも問題はありません。
面接という場に相応しい服装を心がけましょう。

また、女性の多い職場でもあるヨガインストラクターの面接の場合、髪型や指先までチェックされて
いることがあります。
それだけでなく、しわの入ったシャツや汚れた靴などもあまり印象がよくありません。
髪型や指の先、靴などいたるところまでしっかりと意識をして、清潔な印象を与えられるよう、
きちんとした身なりで面接に臨みましょう。

ヨガインストラクターにとってあいさつは基本中の基本

子供のころに、家庭や学校で「あいさつをしましょう」と何度も言われた経験はないですか。
どんな仕事をするにも、日常生活を送るにもあいさつは基本の基本です。
ただあいさつをするのは簡単ですが、笑顔であいさつをするとなると、意外とみなさんできていないこと
が多いように感じます。
面接なので、どうしても緊張してしまうのは仕方のないことですが、その緊張する面接では笑顔で
あいさつをすることがヨガインストラクターへの転職に大きなチャンスとなります。

最初に笑顔であいさつをすることで、面接官に好印象を与えることができ自分への興味を引くことが
できます。
さらに、自分の緊張を解す効果もあるので、あいさつは面接を突破する重要なカギを握っていると
いってもいいですね!
誰もが持っている最高の笑顔とあいさつで、しっかりと面接官に印象づけましょう!

ヨガインストラクターへ転職するときのアピールポイント

ポイント①しっかりと自分の言葉で熱意を伝える

どの業界でも、どんな職業でも面接で聞かれることほとんどかわりません。
ヨガインストラクターの面接でも必ず「どうして、ヨガインストラクターになりたいのか」という
志望動機が聞かれます。
その場で考えようとすると緊張してしまい自分の伝えたいことが半分も伝わらないということがあるので、
予め面接官からの質問を想定して答えを考えておく準備が必要になりますね。
しかし、その志望動機について答えるとき、検索した答えを参考にすることは問題ありませんが、
検索した答えをそのまま答えるということは絶対にしてはいけません。
その例文の答えには、自分の思いが全く入っていないので、面接官に自分の思いや熱意は伝わりません。
無理に難しい言葉など使う必要はなく、本当にヨガインストラクターになりたいという自分の素直な思い
を自分なりの言葉にのせて伝えることが、ヨガインストラクターへの転職のチャンスに繋がります!

ポイント②人と関わることが好きなことを伝える

ヨガインストラクターの仕事は、ヨガのレッスンを行うだけでなくスタジオ全体に関わるすべての業務を
担当し、ヨガスタジオを利用するお客さんをサポートすることです。
お客さんからはヨガに関する質問などはもちろんありますが、それ以外にも日常の嬉しい出来事について
話をされたり、ちょっとした悩みや不安などの相談をされたりします。
その時、お客さんを笑顔にするには、どのように気持ちに寄り添うべきか、どのように共感すべきか、
またはどのように接するべきかを考えることが重要になりますね。
そのため、ヨガインストラクターの面接ではお客さんの笑顔にしたいという気持ちや人と関わることが
好きなこと、誰かのための役に立ちたいという気持ちがあることをアピールするといいポイントになると
思います。

ポイント③体力があることをアピール

ヨガの運動はゆったりとしていて、あまり激しいというイメージがないように思われがちですが、
実際ヨガをしてみるとかなりの運動量になります。
ヨガインストラクターは1日数本のレッスンを行うため、かなり体力が必要になります。
そのため、健康に自信があることや学生時代に部活で鍛えた体力などをアピールするというのも
いいかもしれませんね!

まとめ

ヨガインストラクターへ転職するときに必要になる要素やヨガインストラクターの面接時にアピールする
べきポイントを簡単に紹介してきました。
どのインストラクターにも関連しますが、やはり見た目の第一印象を決める「清潔感」や「笑顔」、
「あいさつ」がヨガインストラクターの面接でも重要なポイントになりそうですね。
このようなポイントを踏まえ、ヨガインストラクターの面接に臨むと転職のチャンスが広がるでしょう!

スポーツ求人ナビは多くのインストラクター求人を保有し、一人ひとりにマッチした求人を提供してい
ます。
経験豊富な専門スタッフとともにスポーツ・フィットネス業界への転職やインストラクターへの転職に
チャレンジしてみませんか?

関連コンテンツ