スポーツ業界のインストラクター/トレーナー/コーチの就職・転職を支援します!

0120-978-740(平日 / 10:00~20:00)
クイック
検索

ピラティスインストラクターに必要な資格とは?

  • ② スポーツ・フィットネス業界のキャリア/悩み

2019.08.28

ヨガ同様、このピラティスも人気のエクササイズになっています。
ピラティスを習ううちに、ピラティスの魅力に感じ、インストラクターを目指す方も
多くなっているのではないでしょうか。

そこで、ピラティスのインストラクターを目指す際に、必要になる資格などを紹介していきます。

ピラティスインストラクターはどのようなことをする?

ピラティスインストラクターの仕事は、マットやピラティス専用の機器を扱いながら、
お客さんや生徒さんにピラティスのレッスン指導を1レッスン45分から60分の間で
行い、心と身体をともに鍛えられるようにサポートしていきます。

レッスンは多人数でやることが多いですが、最近ではマンツーマンで行うプライベート
レッスンを希望する方も増えてきています。
ピラティスインストラクターのメインの仕事は、このレッスンになりますが、そのほかにも
レッスン前にスタジオの準備やスタッフ同士の当日のスケジュールやレッスン内容に
関する打ち合わせ、プログラム計画などレッスン以外にも幅広く業務をこなしています。

ピラティスに必要な資格の特徴とは?

ピラティスインストラクターに必要な資格の特徴として、全体的に資格取得の金額が
非常に高額ということが1番に挙げられます。

また、ピラティスの種類にはマットピラティスとマシンピラティスという種類があり、
ピラティスのインストラクターとして活躍するにはこの2種類についてしっかりと学ん
でいると、幅広くインストラクターとして活躍することができます。

さらに、ピラティスは、もともとリハビリを元に開発されたエクササイズになるので、
理学療法士やシニアの方やケガをされた方と接することが多い医療関係者や筋力トレー
ニングのサポートを行うパーソナルトレーナーなどジムやフィットネス関係の方にも
人気の資格となっています。

ピラティスインストラクターの資格とは?

ピラティスの資格で一番有名なのが、全世界で主流となっている「BASI PILATES」と言う
資格です。
「BASI PILATES」の資格にはマットとマシンの資格があり、マットピラティスの資格の
場合およそ30万円、そしてマシンピラティスの場合は約55万円、2種類受講すると
約80万と非常に高い設定になっています。

日本人に合わせて設定されている日本ピラティス指導者協会の資格では、一番ベーシック
なもので約8万円と、レベルごとに値段が設定されているので、レベルが上がるにつれて
金額も上がっていきます。
先ほどの「BASI PILATES」の資格に比べると安いように感じますが、どちらの資格も高い
という印象を受けやすいですね。

その他に資格取得する方法は?

通信でも資格を取得することは可能です。通信の場合は、スクールに通う時と比べると
費用も安く、自分の好きな時間に自分のペースで勉強が進められるので、仕事をしながら、
家事や育児をしながら取得することができるというのも通信で資格を習得するメリットに
なります。

通信でも資格は取得できますが、将来的にはしっかりとピラティスインストラクターと
して活躍したいと思っている方は、スクールに通う方がより知識も深められるので、
スクールに通っている方も多いようです。

ピラティスインストラクターになるためには?

ヨガインストラクター求人と同様、ピラティスインストラクター求人の場合も資格が
必ず必要という訳ではありません。
もちろん、資格があると自分が持っている知識など評価対象とされるときには役に立つ
ことはありますが、資格がなくても積極的に採用をしている企業もあります。

資格がない方や未経験の方は、まずは未経験歓迎のインストラクター求人を出している
フィットネスクラブやヨガ・ピラティススタジオで経験や知識を積むことで、インスト
ラクターへとデビューへの道が続いていくので、あきらめずに応募していきましょう!

まとめ

ピラティスインストラクターに必要な資格など紹介してきましたが、イメージはできま
したか?
ピラティスに興味のある方やインストラクターを目指したいと思っている方は参考に
してみてくださいね。

スポーツ求人ナビでは様々なインストラクター求人を保有しており、お一人お一人に
マッチした求人を提供しています。
私たちと一緒にスポーツ・フィットネス求人への転職を考えてみませんか?

関連コンテンツ