スポーツ業界のインストラクター/トレーナー/コーチの就職・転職を支援します!

0120-978-740(平日 / 10:00~20:00)
クイック
検索

インストラクター求人に応募するときに身に付けておくべきとことは?

  • ② スポーツ・フィットネス業界のキャリア/悩み

2019.04.11

日本では、エクササイズやフィットネスに関心のある方の急増に伴い、
フィットネスクラブやスポーツジムのフィットネス施設では
多くのインストラクターを募集しています。

そのため、全国的に多くのインストラクター求人が求人サイトなどに掲載されていますね。

そこで、今回はインストラクター求人に応募するときに身に付けておくべきことに
ついて紹介したいと思います。

フィットネスクラブのインストラクター求人では?

フィットネスクラブの特徴

総合型のフィットネスクラブを利用するお客さんは、主に健康を維持する目的で通う方が
多く、幅広い年代の方が利用しています。
そのため、運動量が多く激しいエクササイズプログラムというよりは、無理なく継続し
て続けられるような軽めのエクササイズプログラムやトレーニングが完備されている
ことが多くなっています。
軽めのエクササイズやトレーニングメニューを設定しているので、お客さんには飽きず
にトレーニングを続けてもらうことが非常に難しいため、そこでインストラクターの
出番です!

インストラクターはお客さんと積極的にコミュニケーションを取りながら、現在のトレー
ニングの悩みの相談にのり、理想の体型に近づけるようにアドバイスを行いサポートして
いきます。

フィットネスクラブのインストラクター求人に必要なこととは?

お客さんをサポートするうえで、コミュニケーション能力ももちろん必要になりますが、
フィットネスクラブでは幅広い知識を身に付けておくことが重要になります。
コニュにケーションスキルがものすごく高くても、しっかりとした知識を身に付けてい
ないと、お客さんに正しい情報を提供できず、期待する効果は望めないことが多くなり
ます。
そうならないためにも、しっかりとした知識を身に付けておく必要がありそうですね!

高齢者施設やメディカルフィットネス施設のインストラクター求人では?

高齢者施設やメディカルフィットネス施設の特徴

高齢者施設やメディカルフィットネス施設には、病気を抱えているお年寄りや加齢に
より運動機能が低下してきた高齢者が健康寿命を長くする目的や運動機能の低下の
予防などの目的の方が多く利用しています。
高齢者は病気を抱えていたり、足腰が弱っていたりと、若い方よりも気を付けるべき点が
たくさんあります。
そのため、インストラクターはそのような点を考慮しながら、一人ひとりの身体能力に
合わせた運動指導をしなければなりません。

高齢者施設やメディカルフィットネス施設のインストラクター求人に必要なこととは?

高齢者施設やメディカルフィットネス施設の特徴でも述べていたように、これらの施設に
は病気を抱えている方が利用するため、医学の知識も身に付けておくことが重要になりま
す。
薬を服用しているため、長時間運動指導をするとどのようなことが起こるのかという
こともしっかりと把握していかなければなりません。

メディカルフィットネス施設の場合は、基本的には医師や理学療法士の指導のもと
インストラクターはトレーニングを行っていきますが、トレーニング指導を実際行うのは
インストラクターであるため、理学療法士が身に付けている同じぐらいの知識を持ち、
実技や実践の時に求められる知識も兼ね備えていることが求められます。

幼児スポーツ施設のインストラクター求人では?

幼児スポーツ施設の特徴

幼児スポーツ施設は、幼児期のうちに脳や神経系の発育を促すため、幼児の特性などを
考慮しながら、様々なスポーツや運動を取り入れた遊びやゲームを行い、幼児期の活性化を
図り、また遊びを通してスポーツや運動の楽しさも伝えていくという役割を果たしています。

幼児スポーツ施設のインストラクター求人に必要なこととは?

子供は大人と違い、好きなことは何時間でも集中して取り組むことができますが、あまり
好きでないものに対してはすぐ飽きてしまうという幼児特有の特徴があります。

そのため、子供が飽きないようにするにはどのようにすればよいのか、など考えながら
遊びを通してスポーツや運動を継続できるような工夫やコミュニケーションスキルも
必要となりますね。

まとめ

インストラクター求人に応募するときに身に付けておくべきことについて紹介してきま
した。
どの施設のインストラクター求人も身体に関する幅広い知識やコミュニケーション
スキルが重要になりそうですね!
身体に関する知識は、研修制度のあるフィットネス施設であれば、入社後にしっかりと
研修を受けることで身に付けることができるのであまり心配はいりませんが、
コミュニケーションを取ることが苦手な方はある程度、自分でコミュニケーションスキル
を上げる努力が必要になります。

以前、スポーツ求人ナビの「フィットネス業界だからこそ大切なコミュニケーション
スキル」というコラムでもコミュニケーションスキルの身に付け方について紹介してい
ます!
ぜひ参考にして、フィットネス業界には欠かせないコミュニケーションスキルを
身に付け、インストラクター求人に応募してみてください。

スポーツ求人ナビでは多くのインストラクター求人を保有しており、お一人お一人に
マッチした求人を提供しています。
私たちと一緒にインストラクターへの転職をしてみませんか?

関連コンテンツ